• HOME
  • STRETCH
  • 【超簡単】寝る前におすすめの肩ストレッチ3選

【超簡単】寝る前におすすめの肩ストレッチ3選

肩をマッサージする女性

世代を問わず、多くの方が経験したことのある肩凝り。

あまりにも症状が重いと、首や背中まで違和感が広がってしまったり、頭痛の原因になってしまうこともあります。

不眠や頭痛の原因にもなる肩凝りには、簡単なストレッチがおすすめです。
こちらの記事では誰でも気軽に継続できる、所要時間2〜3分の簡単肩ストレッチをご紹介します。是非参考にしてみてください。

下半身の疲れにお困りの方は、こちらの記事もどうぞ。

寝る前におすすめの簡単肩ストレッチ3選

巻き肩・猫背に効果のある簡単肩ストレッチ

ストレッチをする女性

スマホやPCを長い時間使い続けていると、姿勢が前屈みになってしまい、
肩が前に出て身体が丸まったような体勢になってしまいます。この状態が巻き肩です。

巻き肩や猫背は肩の血行を悪くしてしまい、肩凝りの原因となります。ストレッチで改善していきましょう。

まず、壁の前に立って片方の腕を上げ、小指を壁に向けます。

そして、腕はそのままで身体を腕とは反対の方向に向け、そのままの姿勢で30秒キープします。
30秒経過したら、反対側の腕も同様の姿勢で30秒キープします。

姿勢をキープしている間は、深呼吸をして胸の筋肉を伸ばすことを意識するのがポイント。

身体を反対方向に向けて胸の筋肉を伸ばすことで、猫背や巻き肩の解消、肩凝りの改善につながります。
寝る前に寝室で簡単に行える肩ストレッチなのでおすすめです。

https://www.youtube.com/watch?v=_PqpOhbiPpI
↑↑↑ストレッチの詳しい概要はこちらの動画でも詳しく解説しています。

肩甲骨をはがすストレッチ

ストレッチをする女性

肩甲骨の周囲には、非常にたくさんの筋肉が集中しています。

デスクワークなどで前傾姿勢を続けていると、
血行が悪くなって肩甲骨周囲の筋肉が固まってしまい、肩凝りの原因となります。

普段から肩甲骨を意識的に動かし、肩甲骨周辺の筋肉をほぐす「肩甲骨はがし」を行うと、
肩凝りの予防・解消効果が期待できるのでおすすめです。

肩甲骨はがしのストレッチにはさまざまなものがありますが、今回は非常にシンプルなものをご紹介します。

まず、椅子に座って背中をしっかりと伸ばしたあと、両手をそれぞれの肩に乗せてそのまま大きく両腕・両肩を回していきます。
このとき、肩甲骨が大きく動くことを意識しながら、ゆっくりと大きく回していくのがポイント。

前と後ろにそれぞれ10回ずつ回したら、この動きをもう1セットずつ行っていきましょう。
椅子に座らず、床の上で行ってもOKな、おすすめの簡単肩ストレッチです。

https://www.youtube.com/watch?v=Uk0tcyVr8bA
↑↑↑ストレッチの詳しい概要はこちらの動画でも詳しく解説しています。

タオルを使った簡単肩ストレッチ

タオル

日用品として使うことの多いタオル。実は肩ストレッチの便利なアイテムでもあるのです。

肩にかけられるぐらいの長さのタオルであれば、どんな種類でも簡単に肩ストレッチが行えるのでおすすめ。

まず、タオルをピンと張らせた状態でしっかり持ったあと、両足を肩幅より少し広げて立ち、背筋をしっかりと伸ばします。
このままの姿勢で、息をゆっくりと吸ったままタオルを持ちながら両手を上げていきます。

両手は頭の後ろ側まで大きく持っていきましょう。この動きを3回繰り返し行います。
この後は同様にタオルを持ったまま、両手を頭の後ろ側まで持っていきながら、お腹を大きく伸ばす動きを行います。

こちらも3回繰り返し行いましょう。
このストレッチは呼吸を意識するのがポイントです。入浴後にバスタオルを使ってそのまま行ってもOK。

https://www.youtube.com/watch?v=2BA-HzXNt4g
↑↑↑ストレッチの詳しい概要はこちらの動画でも詳しく解説しています。

まとめ

首のマッサージを受ける女性

誰もが一度は経験したことのある肩凝り。
継続してストレッチを行えば、肩の違和感がなくなる日もそう遠くはないでしょう。

今回ご紹介した肩ストレッチは、誰でもすぐにできる簡単で継続可能なものばかりです。
毎日寝る前に行って、是非肩凝りの予防や解消に役立ててください。

首や背中の凝りにお困りの方は、こちらの記事もどうぞ。


ピックアップ記事

関連記事一覧

Night Routineは、夜の生活の中で皆様に少しでも幸福を感じていただけるような「明るい夜」を提供するサイトを目指しています。
ABOUT

最新の記事