• HOME
  • ROUTINE
  • 【効率的に痩せよう】ダイエット中におすすめのナイトルーティン5選

【効率的に痩せよう】ダイエット中におすすめのナイトルーティン5選

女性、細いウエスト

ダイエットに取り組んでいると、毎日の生活がマンネリ化して、単調なものになってしまいがちです。

たとえダイエット中でも、日々の生活に変化を加えて毎日飽きることなく、楽しみながら生活していきたいもの。

毎日真剣にダイエットに取り組んでいる方は、効率的に痩せられる効果が期待できるナイトルーティンを過ごせば、

日々のダイエット効果を、さらに高めることも可能です。

効率的に痩せられるナイトルーティンとは何か?

今回は、全ダイエッターにお伝えしたい、ダイエット中におすすめのナイトルーティン5選をご紹介します。

夜の生活に変化を加えて、毎日を楽しみながらダイエットを続けていきましょう。

ダイエット中におすすめのナイトルーティン5選

ダイエット、ウエスト

「ダイエットは食事と運動のバランスが全て。」

この考え方は確かに正しいですが、ダイエットに必要な要素はそれだけではありません。

日々の生活の中で簡単にダイエット効果を高めていける、おすすめのナイトルーティン5つです。

有酸素運動のメニューを自由に変える

ランニングマシーン、女性

ダイエットには適度な運動が必要です。脂肪を燃やしたいのであれば、有酸素運動は必ず行うべきでしょう。

20分以上有酸素運動を続けると、身体の脂肪が燃焼されていくといわれています。

効率的に脂肪を燃やすのであれば、有酸素運動は最低でも30分以上は行いたいところです。

しかし、そうなると長時間身体を動かし続けることになるため、

単調で退屈な時間に感じてしまう方もいるかもしれません。

有酸素運動と聞くと、多くの方がランニングを思い浮かべるでしょう。

しかし、ランニングのみならず、ウォーキングやロードバイク、クロストレーナーなど、

有酸素運動には、さまざまなメニューがあります。

気分を変えたいときは、有酸素運動のメニューを切り替えて、楽しみながら身体を動かしていきましょう。

333入浴法でカロリーを消費しよう

バスタブ

毎日のお風呂、面倒くさいからといってシャワーだけで終わらせていませんか?

実は入浴も工夫をすれば、ダイエット効果を高めることができるのです。

入浴によるダイエットで近年、話題となっているのが「333入浴法」

これは、41℃〜42℃ほどの熱いお湯が入った浴槽に肩までしっかりと3分間浸かり、その後は浴槽から出て3分間休む。

これを1セットとして、全部で3セット分繰り返すという入浴法です。

この入浴法で消費できるカロリーは、約300キロカロリーといわれています。

これは、ウォーキング1時間やジョギング30分と同じ消費カロリーです。

湯温が高いので交感神経が優位になり、空腹を感じにくいというメリットも見込めます。代謝が良くなるからむくみに効果的ですし、体が温まって血流がスムースになると便秘や肩コリ、腰痛の和も。便秘が解消すれば美肌にもつながって、いいことずくめ!
https://www.biteki.com/life-style/body-care/195489 美的.com メリットがいっぱい! 話題の“333入浴法”ですっきりキレイを目指そう!

333入浴法は代謝を上げるのにも最適。興味がある方は是非試してみてください。

ダイエット食を気軽にチェンジ

野菜

体重を落とすためには、低カロリー・低脂質・低糖質な食べ物を食べないといけません。

毎日の食事をダイエット食に置き換えるのは大変です。

アレンジを加えようと思っても考えるのが面倒で、ついつい同じものを食べてしまっていませんか?

実は、手軽に食べられるダイエット食は身近にたくさんあります。

まず、第一におすすめしたいのが魚の缶詰です。

魚の缶詰は、カロリー・脂質・糖分がバランスよく抑えられている商品がたくさんあります。

その他にはオートミールや豆腐、カップスープ、ヨーグルトなどもダイエット食に最適です。

これらの食べ物は、調理の必要なく手軽に食べられるので、

食事メニューに変化を加えたい方は、是非取り入れてみてください。

寝る前にストレッチをすれば一石三鳥

ストレッチ、女性

眠くなったら、何も考えずにそのままベッドにダイブしていませんか?

眠くなっても、すぐにベッドに入るのではなく、少しだけでもストレッチをしておきましょう。

ストレッチは身体の筋肉をほぐして血行を改善し、凝りや冷えの予防・解消効果が期待できます。

寝る前にストレッチをすると、副交感神経が刺激されてリラックスした気分になり、

睡眠の質も上がるので、一石二鳥です。

睡眠の質が上がると、ぐっすりと眠れるようになり、

「グレリン」という食欲を増大させるホルモンの分泌を抑えられるので、食べ過ぎを防ぎやすくなります。

つまり、夜に寝る前にストレッチをするだけで、一石三鳥の効果が得られるということなのです!

水を飲んでから眠ろう

水、コップ

寝る前にコップ1杯分の水を飲むだけで、さまざまなメリットが得られます。

水を飲むと身体の基礎代謝がアップするので、脂肪を燃焼しやすい身体になり、ダイエット効果を高めることが可能です。

人の身体は眠っている間に寝汗をかいて、想像以上に水分を消費しています。

コップ1杯分の水を寝る前に飲んでおけば、身体の血液もサラサラの状態を保つことができるため、

水分が不足していることによる脱水症状や、脳梗塞、心筋梗塞などの発症リスクも大幅に下げることができます。

水を飲むのが苦手という方は、カモミールティールイボスティーなどを寝る前に飲みましょう。

カモミールティーやルイボスティーは、睡眠によい影響をもたらす飲み物であるといわれています。

まとめ

女性、睡眠

夜の生活に少しの変化と工夫を加えるだけで、ダイエットの効果をさらに高めることができます。

今回ご紹介した5つのナイトルーティンは、いずれも簡単に行えるものばかりです。

ダイエット生活がマンネリ化している方は、このページでご紹介したナイトルーティンを是非試してください。

毎日を楽しく過ごしながら、ダイエットの効果も高める。

これほどまでに素晴らしい夜はないでしょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

Night Routineは、夜の生活の中で皆様に少しでも幸福を感じていただけるような「明るい夜」を提供するサイトを目指しています。
ABOUT

最新の記事